赤ちゃんをお風呂に入れるときの注意点~目をはなさないは鉄則~

前回は赤ちゃんのお風呂場デビューについてをご紹介したしました。

今回はとうとう湯船デビューを果たした赤ちゃんたちを上手にお風呂にいれてあげるための

注意点を少しご紹介してみたいと思います。

湯船デビューの頃から1歳頃までを分けてご紹介しますね。

お子さんを一緒にお風呂に入るときに気を付けるべきことを把握して楽しくお風呂タイムを

過ごしてみてください☆

 

 

湯船デビュー頃の赤ちゃんの場合

湯船につかるのもまだまだ回数を経ていない赤ちゃんの場合、

一番気を付けることは赤ちゃんを湯船の中につけている時間ではないでしょうか。

前回ご紹介しましたが、だいたい3分程で十分ということでした。

それ以上になると赤ちゃんはのぼせてしまうことがありますので注意が必要です。

お湯の温度は42度くらいを目安に温めてあげるといいようです。

 

赤ちゃんと一緒に湯船につかっているとうっかり長くなってしまいます。

気持ちいいですしね☆

しかし、赤ちゃんの皮膚は大人の何倍も薄く、敏感になっているらしいので

すぐにあつあつになってしまいます。

のぼせてしまわないように気を付けてあげましょう。

 

 

首がすわってお座りができる頃の赤ちゃんの場合

今度は上記よりも少し大きくなった赤ちゃんの場合です。

お座りができるようになった赤ちゃんなら、両方の脇腹をママが支えてげて

湯船に浮かせてあげても大丈夫です。

頭が沈まないように注意してあげていれば問題なしです。

赤ちゃんと向き合うように支えてあげて話しかけながら湯船につかると

楽しそうにしている赤ちゃんの表情が見られてママも嬉しくなりますよ。

息子はお風呂が大好きみたいで、いつも楽しそうに私の顔を見つめてくれていました。

 

 

つかまり立ちができるようになった赤ちゃんの場合

お座りも上手になり、そろそろつかまり立ちができるようになった赤ちゃんなら

浴槽の淵につかまらせて、ママが背中をそっと支えてあげるくらいで湯船の中では

立つことができるようになります。

このころからお風呂で遊べるおもちゃを持ち込むと遊ぶようになるかもしれません。

小さなパーツのあるものはもちろんだめですが、大きいものなら遊べますよ。

息子はあひるのおもちゃで少し遊べるようになっていました。

このころからお風呂の中にあるシャンプーやらの容器にも興味を持って触りたがるように

なるので湯船の周りには置かないことをお勧めします。

お風呂にあるものはどうしても水垢なんかがついていて衛生的に赤ちゃんにはよくないので

遠ざけておきましょうね。

 

 

1歳頃をすぎたお子様の場合

そろそろ歩くことができるようになってきたのではないでしょうか?

そうなると湯船でもしっかりと立って動き回るようになります。

けっこうしっかりとしてくるのでママも安心と油断が生まれてしまい、

目を離すこともありがちなことです。

ですが、

まだまだ足腰は強くないし、水がなんなのかもよくわかっていません。

突然湯船で座ってしまったりします。

自分で立ちあがることができればいいのですが、とっさにはおそらく難しいと思います。

私の息子も一度突然座りこみ、頭の先まで沈んでいったことがあります。

その時は水を鼻から吸い込んでしまったみたいで少しの間苦しそうにしていましたが

大泣きすることはなく元通りになってくれました。

あまりこういうことが頻発すると水嫌いになってしまってもかわいそうですよね。

ここはママが油断しないでしっかりとお子様を見てあげることで回避できることなので

意識してあげてください。

 

このころになると洗い場でも一人で座ったり、立ったりができるようになるので

ママと一緒にお風呂に入り、ママも頭や体を洗ったりしますよね。

その間はお子様は待ちも状態です。

はでに動き回ることはなくても、観察していると湯船を触ってみたり

風呂桶で遊んでみたりと結構いろいろと行動しているのがわかります。

一瞬のママさんのすきが大変な事になりかねませんので、そこはぜひ気を付けてほしいと

思います

私も一瞬目をはなしていたら風呂桶に顔を突っ込んでいました。

水が少しはいっていたのでひやっとしました。

少しも水でもおぼれてしまうの知ってましたか?

楽しいお風呂が台無しにならないように注意が

ほんとに必要なのを覚えておいてくださいね。

 

 

最後に

赤ちゃんとのお風呂タイムは回数をこなしていかないとなかなか

楽しいものに感じないかもしれません。

最初にうちはやりにくいこのも多くて、お風呂の時間が嫌でしょうがないと

いう人も周りにいてます。

しかし、慣れてくるとお風呂を楽しんでいるわが子を見るのが

楽しくてしょうがなくなっています。

子供の髪の毛を立たせて遊んだりなんかしちゃってます。

ママがお風呂好きなように、赤ちゃんも慣れればお風呂好きな子は

多いです。

なんでも回数をこなすことで自分のものにできるので

チャレンジを恐れないでトライしていきましょうね。

 

大切な赤ちゃんを毎日お風呂で清潔に保ってあげましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。