吉沢亮が大河の主役!朝ドラの天陽ロスからの大抜擢!

こんにちは。

気になるあれこれ調査隊のellyです。

今回は先日発表された話題です。

最近メキメキ人気が上がっている吉沢亮さんが2021年の大河ドラマの主役に決まったそうですね。

スポンサーリンク

 

吉沢亮さんてどんな人?

 

では吉沢亮さんのプロフィールをまずは見てみましょう。

吉沢亮さんは1994年2月1日生まれの25歳。

出身は東京都で身長171㎝のB型さんです。

お母様が「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」に応募、Right-on賞を受賞し

芸能界入りを果たしました。

ちなみにこの年のグランプリは野村周平さんだとそうです。

趣味はギターの練習なんだとか。

特技は剣道でその腕前は二段。

性格は本人曰く、人見知りだそうです。

2011年に「仮面ライダーフォーゼ」で2号ライダーのメテオを演じました。

初めはあまり芸能活動に本気で取り組む気が無かったためそれほどテレビ出演もなかったそうです。

しかし、2017年に映画「銀魂」で沖田総悟役に抜擢されると原作の設定と近いと絶賛され注目を浴び出しました。

その後は映画「リバース・エッジ」で主役の相手役を熱演。作品は国際映画批評家連盟賞を受賞しました。

人気少女漫画の「ママレード・ボーイ」でも主役の相手役を演じさらなる人気を獲得されました。

そして、今年の朝ドラ「なつぞら」では主人公の幼馴染を演じ、

かなりの人気を獲得したようです。

 

端正な顔立ちでその横顔は整いすぎて目が離せないほど。

これからの活躍がもっとも注目される俳優さんの1人に間違い無いですね!

 

朝ドラでは天陽ロスが巻き起こるほど

 

現在放送中の朝ドラ「なつぞら」では主人公のなつの幼馴染として

初めから出演をしていた吉沢さん。

お互いに絵を描くことが好きで、自然と惹かれ合っていたはずの2人は

結ばれるのであろうと誰もが思っていたのですが、

なつは自分の夢を掴むために天陽の元を離れてお互い別の人と結婚。

それでも絵を描くことで繋がって入られた2人でしたが

突然、天陽に死の影が訪れます。

その最後は自分の命と引き換えに絵を完成させ力つきるというもの。

この最後に天陽ロスが広がりました。

https://twitter.com/2Vito3iezTbKGTP/status/1171803613976379392?s=20

https://twitter.com/YahooNewsYuru/status/1168702378779889664?s=20

ツイッターでもロスのお声がちらほらと。

スポンサーリンク

 

2021年の大河ドラマ主役に決定!

 

そんな朝ドラでは天陽ロスを生み出した吉沢さんでしたが

ファンには嬉しい発表がありました。

なんと、2021年の大河ドラマ『青天を衝(つ)け』で主役の渋沢栄一に抜擢されたのです。

このドラマでは幕末から明治までの激動の時代を描き、

この中で吉沢さんは近代日本経済の父と呼ばれる渋沢栄一を演じます

渋沢栄一は新10000円札の顔にも決まっていますよね。

 

吉沢さんは「やれることを精一杯やり抜きたい」

「渋沢さんについて、もっと掘り下げていきたいと思います」と気合十分でコメントされています。

 

大河決定にファンの声は?

 

大河ドラマの主役に決定したと発表され、

ファンの方も歓喜したそうですね。

「絶対見ます!(嬉しすぎて発狂しました)」

「朝ドラに続き、今度は大河で吉沢さんが見られるなんて!嬉しいです!」

「すごい…!鳥肌が立ちました!おめでとうございます!」

「吉沢亮さんらしく、頑張ってください。応援しています」

「とにかくやり抜く姿を毎週正座して観ようと思います!」

「プレッシャー半端ないと思うけど、みんなチカラを送りますから!
いつもの吉沢さんで体当たりしてきてー!」

と数々の嬉しいコメントがたくさん寄せられていたみたいですね★

ツイッターでもたくさんの嬉しいというコメントが。

https://twitter.com/mAriKo79517473/status/1171400473628172288?s=20

とても皆さんの期待が高いことがわかりますね。

 

大河ドラマスタッフからの評価は?

2021年の大河ドラマが発表されて、その制作さんたちのコメントも

発表されています。

制作統括の菓子浩さんは

「お札の肖像も歳をとってからのものですし、渋沢栄一というと完成された人というイメージがあると思うんです。しかし、ご本人はチャレンジを続けた人で、晩年まで若き心を持った“生涯青春”の人だったんじゃないかと。青春ということで、みずみずしくて若々しい渋沢像を作りたいと思った」

「ですから、お願いする役者さんも20代で活躍されていて、お芝居を託せる方を探していて。そのときに見つけたのが吉沢さんでした」

「高い演技力に注目していましたので、お迎えすることができて嬉しいです。吉沢さんが演じる渋沢で、パワフルでチャーミングな大河をお届けしたい」

と吉沢さんに期待を寄せているみたいです。

 

脚本家の大森美香さんは

「(連続テレビ小説の)『あさが来た』を書いていたときに、後年の渋沢が出てきて、そのときに調べてみるとこんなに面白い方なのかと思っていました」と振り返る。そして「もし私が大河を書くなら幕末をやりたいと思っていたのですが、渋沢さんなら農民だったり尊皇攘夷の志士だったり、徳川慶喜の家来としてフランスに行ったりと、いろいろな経験のある方なので、違った視点から幕末を描けると思いました」

「お札のイメージの渋沢さんだけではなく、いろんな時代を駆け抜けたフレッシュな方ということで、吉沢さんと一緒にここから頑張らないとな、という気持ちです」

とコメントをされています。

 

まとめ

いかがでしたか?

今年は朝ドラで大人気。

そして、2年後の大河ドラマの主役を控え、ますます

俳優さんとして活躍していかれるであろう吉沢亮さんの話題をお届けいたしました

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。