子育てお役立ち情報ー何気ない一言が子供に残す傷ー

こんにちは。

気になるあれこれ調査隊のellyです。

今回は久々の子育て編!

日々の何気ない発言が意外に子供の心に辛く突き刺さることがあるというコラムです。

 

今回のコラムは

栃木県足立市に小俣幼児生活団という”ちょっと変わった”保育園がある。
「敷地は3000坪超」「最も古い園舎は地区170年(ペリー来航より前!)で、足利市の國有形文化財」
「園庭はちょっとした山で、池も梅林も灯篭もマリア像もある」
保育の内容も独特でいち早くモンテッソリー教育とアドラー心理学を取り入れ、子供達に指導することも
カリキュラムを与えることも一切ない。
驚くのが、こうしたユニークな環境で多くの子供に接してきた92歳の主任保育士・大川繁子さんの先進的な子育て観だ。
大川先生の著書『92歳の現役保育士が伝えたい親子で幸せになる子育て』(実務教育出版)から、
しっかり自立した子供に育つコツをお伝えする。

という記事を見つけ、それを読んでこれは

今の子育てママにぜひ知ってもらいたいと感じ記事にしました。

内容は上記に付随したものになりますのでご了承くださいね。

スポンサーリンク

 

子供がいうことを聞かないとき大人の当たり前で叱らない

ある元気な女の子とコミュニケーションをとっていた時のこと。

彼女はとても元気で明るい子供でしたが、その子に話しかけると

いつも「ん?」と言って横を向くのだそうです。

毎日毎日、名前を呼ぶたびにふいっと顔を背けられるのです。

 

その時に保育士の先生は「直さなきゃ」と感じ意地になり

彼女と話をするたびに注意をするようになったそうです。

「〇〇ちゃん。ちゃんと先生のお顔を見て」

「話をしている人の顔を見るのがマナーよ。横を向かないで。」

それでも全く直る兆しが見えませんでした。

さらに必死になる先生。

するとある日、担任の保育士の先生がふと気がついたそうです。

「先生。〇〇ちゃんは右の耳が遠いのかもしれません。」

驚いたのは先生です。

そして合点がいき、申し訳ないことをしたと感じたそうです。

 

彼女は「先生の話を聞く」という目的をきちんと持っていました。

だからよく聞こえる方の耳を先生に向けていた。

結果的に顔を横に向けることになっていたのです。

それなのに大人は「目をみて話を聞く」という大人の常識に

とらわれて理由も聞かないで、ただ叱っていたのです。

 

大人は人生の中で理想や常識、ルールをしっかり身につけてきています。

そうした中での「あたりまえ」や常識に沿わない行動(問題行動)をとる

子供がいるとつい頭ごなしにただしてしまいたくなる。

でも子供は色々な「目的」を持っていて、ただそれに従って行動している。

「この子はどんな気持ちでこんなことをしているのだろう?」

「この行動にはどういう意図があるんだろう?」

子供をじっくりと見て、見つけてあげてください。
「あっ!そういうことだったのね!」と気づくことがたくさんありますよ

 

スポンサーリンク

理不尽な現実にぶつかった子には「素敵なところ」を伝えてあげる

この保育士さんの園を卒園して、小学校に入学したばかりの子供のお母さんからのエピソードでは

「授業で新聞紙を使うからひとり3枚持ってきなさい」と先生が言ったということ。

この子は「忘れてしまう子もいるだろうから」と10枚余分に持って行ったそうです。

案の定、忘れてしまった友達がいたから新聞紙を分けてあげたのだそう。

すると、先生から

「忘れた子には『困る』という罰が必要なのだから、余計なことはするな」と

怒られてしまったそうです。

確かに「罰」という発想はその子が通っていた園にはなかったのですね。

その子が周りに貢献したいという気持ち、困っている友達を助けたいという

優しい気持ちを持っていたのは明らかですよね。

彼女のお母さんがモヤモヤするのもわかる話です。

しかし、その保育士の先生は「先生が『罰が必要だ』と考えるのであれば

それに従うしかないと答えたそうです。

保育園と学校は違うところだし、小学校の先生にの考えがあるのだから。

 

しかし、それだけでお話は終わりではありません。

保育士の先生は言いました。

「でもね、お母さんは必ず彼女にこう伝えてあげてね。

『ママはあなたのその優しい気持ちが大好きだよ』って」

保育士の先生がそういうとお母さんは納得したということです。

 

彼女のように、子供が育つ上では理不尽さや不条理に戸惑うこともあるはずです。

怒ったり、落ち込んだり、塞ぎ込んだりする子供の姿を見るのは母として辛いですよね。

そんな時は「ママはあなたのそういうところが好き」と伝えてあげることがとても重要なんだそうです。

 

もしかしたらその場にはふさわしい振る舞いではなかったかもしれない

けれど、ママはそこが大好きだと認めてあげる。

 

そうすると、

「大好きなお母さんが好きでいてくれるならいいや」と子供は納得するのだそう。

「ぼくはぼくのままでいいんだな」と。

そんな安心感を得ることで、子供の愛おしい長所を失わずに済むというのです。

 

何気ない「あなたはだめ」って言っていませんか?

子供とのコミュニケーションで守りたい約束は他にも。

子供は元気が一番です。

だから、大人のなんとなく発した言葉や態度でその元気を

くじかないように気をつけたいものです。

 

例えば、「あなたはダメ」というメッセージ。

正面切ってそんなことをいうお母さんはほとんどいないですが

「あなたはこれが苦手だね」「あまり向いてないね」

といったメッセージだとどうでしょう?

何気なしに口にしがちな言葉ですが、これも子供にとっては

「ダメ」の1つになるんだそうです。

 

子供は大好きなお母さんから受け取った「ダメ」のメッセージを信じます。

そして、心に刻み、元気をくじいてしまうのだというのです。

 

子供は親に否定された自分の能力を好きにはなれないもの

 

不用意な発言で子供の元気を削いでしまうことのないように。

「あなたはダメ」のメッセージは口に出さないように気をつけていきたいですね。

 

親は忘れてしまっても、子供は決して忘れることはないといいますもんね。

スポンサーリンク

 

まとめ

 

いかがでしたか?

子育てをしているお母さんは毎日、日々勉強で失敗を繰り返して

ママになっていきますよね。

でも失敗の中でも取り返しのつかない失敗もある。

それが子供の心に傷を負わせてしまうことではないでしょうか?

それを回避できる素敵なお話だはないかと感じました。

 

子供の元気を削がないように心を逞しく育てていきたいですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。