子供の英会話スクールの見つけ方

今回は子供英会話スクール探すときに注目すべき点・注意すべき点を

ご紹介したいと思います。

子供の将来のために英会話を習わせてあげたいと考えるママさんは今、

とても増えてきています。

英語くらいは話せないと今の世の中、活躍することはできないと感じている

ママさんはとても多いと思います。

では、実際に英会話を習わせるのはいつ頃がいいのか?

また、どこの英会話スクールに決めるのかを検討する際に

知っておいてほしいことをご紹介いたします。

某英会話スクールの受付。そして子供向け英会話の講師をしていた経験が

ある私が独自の視線で気づいたことをご紹介してみたいと思います。

 

 

英会話が必要な理由

現代に英会話が必要な理由はなんでしょうか?

昔と比べてなにが違うのでしょうか?

昔の日本に比べて外国人の旅行者や労働者はかなり増加しています。

それに伴って、各会社の経営者は外国人向けのサービスが業績を伸ばしていること

に目をつけ、その分野を開拓し始めてきました。

だから、外国人に向けた仕事内容が含まれる会社がどんどんと増えています。

そうなると、まず欲しい人材は外国人と会話ができる人。

意思の疎通ができてから初めて、サービスを提供できるのですから

当然ですよね。

会社はそういう人を欲しがります。

その傾向を受けて、

英語を話せる=幅広い仕事を選ぶことができると考えられてきました。

現代ではもうそれはあたりまえのことになってしまっています。

学校の教育でも小学校から、早ければ幼稚園から英会話に触れ、

学習を始めるようになってきましたが、まだまだ他の国に比べて

学校教育での日本の英会話学習はレベルが低いのが現状です。

だから、それを聞いたママさんたちは早いうちから英会話に特化した

スクールに通わせてしっかりとした英会話を習わせようとします。

それが近年の英会話ブームの大まかな流れのようですね。

 

何歳から英会話を始めるのがいいの?

では実際に何歳くらいから英会話を始めたらいいのでしょうか?

よく聞くのは「早ければ早いほうがいい」ではないでしょうか?

私が働いていたスクールも0歳からのクラスがありました。

0歳から始めるのが一番いいと思いますか?

答えはNOです。

厳密にはもちろん人によって考え方が変わるのでそこは好き好きですが。

0歳の子供の耳はとてもよくて、聞いた音をしっかりと覚えていくことが

出来ます。

なので、英語のネイティブの発音を聞かせることでその音をそのまま覚えることが

できるといわれています。

しかし、いくらなんでも早すぎます。

まだ、ママの声も判別もできないくらいの子供には0歳の時に聞いた発音を

自分で理解するには早すぎます。

耳はよくても脳がまだついてきてくれません。

1歳から3歳までの子供の耳と脳が一番発達していることがわかっています。

ですから、3歳までに英会話を習ってほしいと思っているなら始めることを

おすすめします。

ただ、この1歳から3歳は日本語をママやパパから覚える時期でもあります。

この時期に英語ばかりを聞いていると肝心な日本語に対する興味が

失われ、キレイな日本語を習得できない可能性が隠れています。

ママさんの中には一日中英語を聞かせていたいと思う方もいるかもしれません。

しかし、私たちは日本人です。

美しい日本語が話せて初めて英語が活かせるということを

忘れないでください。

日本語をしっかり話せない日本人は歓迎されることはまずありえません

そのことをしっかりと理解して早くから英語に触れる環境を作ってあげてくださいね☆

 

 

英会話スクールの注目すべき点

では、上記のことをしっかりと理解したうえで英会話スクールを見つけたいと

思ったママさんになにに注目して英会話スクールを選べばいいのかをご紹介していきます。

 

外国人講師を採用している

英会話の講師をしていた自分がいうのもなんですが、教えてくれる講師はできるだけ

外国人を採用している英会話スクールを選ぶことをおすすめします。

この理由の一番はネイティブの英語を聞けることです。

映像を使ってネイティブの発音を聞かせてくれる英会話スクールもありますが、

やはりふとした瞬間に出る英語はネイティブでないとだめです。

また、子どもも日本人が講師だとだんだんと日本語を使って話し出すようになります。

日本人の講師に対して甘えがでてきてしまうのです。

 

アルファベットを音で覚えさせる方針を採用している

日本人が中学から大学まで英語を勉強していても話せるようにならない理由は

知っていますか?

これは最初の教え方に原因があるのです。

昔はアルファベットを「エー・ビー・シー」というように覚えてきました。

これではいつまでたっても自分で英単語を発音することはできません。

そうではなくてアルファベットの音をしっかりと覚えていけるレッスンを提供している

スクールを選ぶことをおすすめします。

アルファベットの音とは「A=ア B=ブ」というものです。

これを繰り返し覚えることで初めてみる単語でも自分のちからで発音できるように

なります。

こうすることで実践で生きる英語を習得できる基礎が出来上がるんです。

 

この2つが英会話スクールを選ぶときに参考にしてもらいたい点です☆

 

 

英会話スクールの注意すべき点

では次に英会話スクールを選ぶ際に注意をしてみてほしい点をご紹介したいと思います。

 

自宅での学習をしっかり促すかどうか

英会話スクールに通い始めたとしても、多くても週2回くらいではないでしょうか?

実際、正直なところ、たったそれだけの時間を繰り返していても

話せる英語が身につくがというとまた、答えはNOです。

自宅でどれだけ予習や復習ができるかが英会話を習得できるかのカギになります。

そのためには英会話スクールからきっちりと自宅での学習方法を

提示してもらはないといけないんですよね。

自分から自宅で毎日英語に触れるお子様もいるかもしれませんが、

だんだんと他に興味を持つことができ始めるとおろそかになっていってしまいます。

英会話スクールから毎日の学習の仕方を提示してもらえれば、その通りにしていくだけで

自宅での学習はできることになりますもんね☆

 

宿題をきちんと確認してもらえるのか

これは外国人講師に多いのですが、

やってきた宿題をしっかりと確認しない講師がいるということ。

せっかく自宅で頑張ってきたのに、それが正しいかどうかを確認しないなんて

もってのほかですよね。

しっかりと確認ができる講師なのか。

また、スタッフもきちんとフォローできる環境が整っているのかを

ママさんが確認をしてあげてください。

 

この注意すべき点は、適当にしているところはホントに適当です。

せっかく英会話スクールに通うのですから、

しっかりと学ばせてくれるスクールを選んでくださいね☆

 

 

最後に

いかがでしたか?

今は英会話スクールにもほんとうにたくさんの種類があります。

また、お子様にも様々なタイプがいて、どれが合っているかということは

はっきりとは言えません。

なので、体験をしっかりとして(最低2スクールは見比べて☆)お子様に合った

英会話スクールを見つけてあげてくださいね☆

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。