ママ友と上手に付き合う方法

今回はママ友上手付き合う方法をご紹介したいと思います。

ママにとって子供が保育園や幼稚園に通いだしたら必ずあるママ友とのお付き合い。

新しい人間関係に迷ったり、苦しんだりしてしまっているママさんもいるかと思います。

新しい人間付き合いはもちろん初めての経験ではありませんよね。

でも、ママ友とのお付き合いの延長線上には子供がいます。

ママ友との人間関係が子供たちの人間関係にも少なからず影響することもドラマの中だけ

のことではないようです。

今回はママさんが疲れないママ友付き合いの方法をご紹介していきたいと思います。

 

 

なにがママを疲れさせるのか

ママ友のお付き合いの中で、ママを疲れさせてしまうものはいったい何でしょうか?

これまではどういう考えで友達付き合いをしてきたかを考えてみるとわかるかも

しれません。

おそらくこれまでのママの自身の人生では自分の気の合う人間、

友達になりたいと自分から思える人と友人関係を結んで付き合ってきたと思います。

しかし、これからは子どもの保育園や幼稚園で出会うママさんたちを自分の気が合うか

どかで選ぶことができません。

子供が通う保育園や幼稚園で出会うママさんがみんな自分と仲良くできるタイプかというと

絶対にそうではないと思います。

これまで苦手と感じて避けてきた性格のママさんもそこには必ずいるはずですよね。

そんな自分と合わない性格の人はこれまでなら自分で無理と判断して付き合わないように

距離を保っていればよかったのが、自分の子供が通う保育園や幼稚園の人なら嫌でも

交流を持たなくてはいけない。そこにストレスを感じてママは疲れてしまうのでは

ないでしょうか。

ドラマのようなお金持ちのママさんが他のママさんをまとめて。。なんてことは

ないかもしれませんが、少なくとも自分と気の合わない人と付き合うことほど

疲れる、ストレスを感じることはないのではないかと思います。

では、そんな人が自分の目の前に現れたとしたら、どうすれは不必要なストレスを感じず

ママ友付き合いができるのでしょうか?

 

 

ストレスをできるだけ感じさせないママ友付き合いとは

付き合いをすることでストレスを感じる人とは、交流を持たないことが一番のストレス回避の

方法ですが、子どもの保育園や幼稚園でのママ友となれば話は別です。

子供がその保育園や幼稚園でこれからどんな子供と友達になるかはわかりません。

少なくとも子供たちが仲良くなったなら、そのママ子供のママとはお付き合いをする

必要性が今後出てきます。

ただ、子ども同士が仲良くなったとしてもそのママ同士も友達にならければいけなかと

いうとそうではないはずです。

最低限のお付き合いで十分な場合が多いですよね。

世の中には大人になればたいていは軽い人付き合いができる人間が多いのは確かです。

しかし、中には自分の考えを押し通し、それを周りにも強要しようと考える人が

少なくともいてます。

そんな人が自分の周りにあらわれ、また、その人とお付き合いをしなければならない

状況になったなら、うわべだけのお付き合いでいいんです。

言い方は悪いかもしれないですが、そんな人のことを理解しようとしたり

自分をわかってもらうとするだけ時間の無駄です。

自分の考えを無理やり押し付ける人間はいつの時代も他人に好かれることは

ありません。女性は特にそうですよね。笑

とても仲良しの友人関係であってもお互いのことを考えて譲り合ってお付き合いをする

ように大人になるにつれてなりませんか?

「親しき中にも礼儀あり」まさにそうですよね。

それができない人はまわりから嫌な目で見られる。

それが世の中の常識。だから、そんな礼儀のなっていない人と深くお付き合いを

しようとしなくてOKです。

保育園や幼稚園で出会ったときにあいさつしたり、子どもがお世話になったら

お礼をいったりと形式上だけの会話、形式上だけのお付き合いで十分です。

おそらく、あなたがそう感じている人なら周りのママさんも同じように感じている

ことが少なくはないと思います。

常識のある人ならたいていは同じ考えをしていて、同じように感じているからです。

無理やりに付き合って、交流をして自分が疲れ切ってしまってはこれから長く続く

ママ友との付き合いに耐えられなくなってしまいます。

今までと同じで、自分に合わないと思った人とは踏み込んだお付き合いをする

必要は全くありません。

 

 

最後に

いかがでしたか?

子供の保育園・幼稚園でのママ友との出会いはママになれば決して避けては通ることは

出来ません

だからこそ、自分の考えに合わない人と付き合うことを我慢してはいけないと

思います。

子供の日常生活を守るのはママの役目であって、一番大切なことかもしれません。

そこでの我慢はママとして必要ではあるけれど、自分を殺してまで気の合わない人と

一緒にいる必要はこれからだってありません。

私もいつもそう心にきめて行動しています。

善い行いは自分を取り巻く環境が居心地のいいものでなけれなできません。

自分の子供のためにもママの心の環境はとても大切にしないといけないと思います。

ママになるとそれからの人生を子供に捧げたいと思うのは当たり前なんですが

その中でも自分のことも大切にしてあげて初めて、子供に自分の人生をささげることに

本当の喜びをかんじられると思います。

「無理しないで子育てする」が大切で子育てを長続きさせられる秘訣だと思いませんか☆

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。