子供が言葉を理解するのはいつ頃?

今回は子供ママ言葉理解するようになるのはいつ頃からかをご紹介したいと

思います。

前にもご紹介しましたように、子供それぞれによって変わってはきますが、

私の息子の場合をご紹介しておきたいと思いました。

平均なんて関係ないとはわかっていても、周りのお子さんはどれくらいで

ママの言葉を理解してくれるのかしら?と気になってしまいますよね☆

ご参考までにちらっと覗いてみてください。

 

言葉を理解していく過程

では実際にどれくらいから初めての反応を見せてくれたのかをご紹介してまいりますね。

 

初めは8か月頃から

私が息子が私の言っている言葉をなんとなくわかって聞いているんじゃないかなと

感じるようになったのは8か月くらいからでした。

息子に話しかけているとじっとこちらを見つめて、話しているのを聞いているような

ぞぶりを見せ始めてくれました。

そして、簡単な言葉に反応するようになりました。

「まんま食べようか。」

「おもちゃどこにあるかな?」など。

簡単な言葉で何度も繰り返していたものに対して反応するようになりました。

おもちゃの問いかけなんかには、きょろきょろと探すぞぶりを見せてくれました。

これはとてもかわいかったですし、うれしかったです。

これから意思の疎通ができるようになることに不思議な感じさえしました。

楽しみがとてもたくさん増えたように感じました。

 

次は10ヵ月になったくらいから

次に言葉を聞き取れて、理解度が上がったなと感じたのが10ヵ月を過ぎたくらいでした。

知ってる単語がぐんと増えたような気がしました。

単語を組み合わせて文章にして伝えることでなにを言っているのかを理解してくれるように

なりました。

「ママ」「ばあば」「じいじ」「おもちゃ」「わんわん」など単語を伝えるとなんのことなのか

誰のことなのかはっきりと理解しているようでした。

息子に「おもちゃどこにあるかな?」と話しかけると

自分で探しに行ってくれるようになりました。

誰かが帰ってきたときには「○○帰ってきたかな?」と聞くと玄関をじっと見つめていました。

これまでは単語だけで話しかけていたものが

だんだんと長い文章でもわかるようになってきました。

会話こそまだできませんが、こちらが言いたいことや伝えたいことは

きちんと意思疎通できていると感じました。

おもちゃを探しに行く姿はとても愛らしくてたまりませんでした。

息子になんども繰り返して聞いたりしてしまいました☆

 

1歳をすぎると真似っ子ができるようになる

次の変化の段階は1歳をすぎたくらいから急激にやってきます。

それまではこちらの言うことを理解して行動を起こすということがほとんどでしたが

次はママがやったことを真似できるようになってきます。

私は実際に息子の名前を呼んで手をあげる行動を何度も繰り返しているとできるように

なりました。

また、「いい顔してー」言いながら私がくしゃっと笑うのを繰り返していると

同じセリフを言うと同じ顔をするようになりました。

「おいしー」といいながら指をほっぺに持っていくしぐさも覚えてくれましたし

「ちゅーして」いうとほっぺにちゅっとしてくれるようにもなりました。

全部、まず私が実践して見せた後に息子が真似っ子をして覚えてくれたものばかりです。

子供の記憶力のすごいところはこの真似っ子は3回くらいやったら覚えてしまうところです。

初めて見たことをたったの3回で真似できるようになるなんて子供の記憶力って

ほんとすごいなと感心してしまいました。

ただ、まだ長い間覚えておくことができないみたいなので、真似っ子してできていたことでも

数日やらないでいると忘れてしまっているみたいでした。

これから、いろんなことを真似してくれるようになるんだと思うと楽しみでなりません。

でも、真似をするということは親をみて育ちだすということ。

自分がどんな行動をしているのかを子供は映す鏡だとよく言いますよね。

その通りだと思います。自分がしたことを全部真似するようになるんだろうなと

感じました。

子供がやっても恥ずかしくないことを日々心がけることが大切なんだなと改めて

思いました。

 

1歳以降の理解度は

これからどんどんと理解できることは増えてきます。

できることももちろん増えてきます。

その中でママの言ったことをしっかりと理解して行動できるようになるのもすぐそこです。

話ができるようになるのは、これまた先のお話し(特に男の子は)ですが、

親の会話を子供は親が思っている以上によく聞いていて理解しています。

たとえば、汚い言葉を使っていると、それと教えたわけではないのに汚い言葉だと知って

使おうとします。

言葉だけでなく、その言葉を使っている親の態度や顔も子供はよく観察しているんですね。

けんかをしているところもしっかり見られています。

言い争っているところは特に子供にとっては衝撃で印象に残りやすい場面です。

1歳からの言葉を理解しだしたころは周りの大人の人はできるだけ

穏やかに、明るく楽しい時間を子供と一緒に過ごしてあげることが必要だと思います。

 

 

最後に

いかがでしたか?

私の息子の場合のことなので、これが一般的なのかはわかりません。

私はあまり比べたりしていないのでわからないのですが、今の息子はしっかりと成長して

くれていることは確かです。

周りのお子さんが気になるのはきっと当たりまえで、いろんなことを調べてしまったり

しますが、あまり気にしないのが一番です。

定期健診でちゃんと育っていると判断してもらえてならそれで充分です。

もしも、どうしても気になるから調べたいと思ったときは2つくらいの検索で

終えてください。

いろいろ見まくっても混乱するだけです。

2つの結果を受けて自分はどうするのかを考えることで十分だと思います☆

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。