生後すぐの赤ちゃんが喉を詰まらせた時の対処法~慌てずゆっくりおちついて~

こんにちは。

今回は生後すぐの赤ちゃんがにつばを詰まらせたときの対処法をご紹介します。

赤ちゃんの食道はとても細くて、つばを飲み込むのも大人のように簡単にはできません。

ひとつひとつ経験をしてなんでも簡単にできるようになるのです。

つばをごっくんするのも同じではじめはやり方さえわからない状態です。

そこからのスタートなので失敗してしまうこともそりゃありますよね。

生まれてすぐの赤ちゃんが苦しそうにしているなんてママにとっては一大事です。

心臓が止まりそうになることも。いったいわが子になにが起きているの?

でも慌てず落ち着いて対処すれば大丈夫

同じような経験をしているママは沢山いるんです。

 

 

どんな時につまらせるのか

生まれてすぐの赤ちゃんはミルクの飲むこともまだ慣れていません。

ミルクをのんだらゲップをさせますが、それも上手にできない赤ちゃんもいます。

そうなると飲んだミルクがのどにつまってしまったり

また、おむつを替えるときには大泣きしてしまうこともよくあります。

口をあけて泣いているときにつばをうまく呑み込めずに詰まらせてしまうことも。

生まれたばかりの赤ちゃんは全てのことが上手にできません。

なので、つばを飲み込むだけでも一苦労なんですね。

 

 

 

詰まった時はどんな状況になるのか

つばやミルクがのどにつまってしまうと呼吸ができなくなります。

それが長引けばもちろん大変なことになります。

赤ちゃんによっては顔が真っ赤になり、唇が紫になることもあります。

大切なわが子がそのような状態になったとしたらママは気が気ではありません。

一度そんな状態を経験すると夜も満足に眠れないし、一瞬たりとも目が離せません。

常に泣かさないように、ゲップが確実にでるようにと神経をとがらせて

子育てをしていきます。

ただでさえいろいろと大変な子育て。

その中でもなんとか楽しんで日々の子育てをしたいのにと感じているはずです。

あまりにも神経過敏にならないでいいように対処法をしっかりと学んでいきましょう。

 

 

詰まらせたときの対処法

赤ちゃんがのどを詰まらせたら、まずは体を横にむけてあげてください。

そして、背中をポンポンと軽くたたいであげて、さすってあげる

これだけでたいがいの症状は治ります。

私の身近によく喉をつまらせている赤ちゃんがいました。

小児科の先生に聞いたりしましたが、特に大きな病気があるわけでもなく

ただ、飲みこむということに慣れていないのでは。との見解のようです。

慌てずにゆっくりと先ほどの方法を試してみるとよくなるのがほとんどです。

焦る気持ちはとてもよくわかります。

でもママの焦りがよけいに赤ちゃんを不安にさせてしまう場合もあることを覚えていてください。

この状態になる前に回避させてあげられないものかと考えてしまいますが、

簡単そうでそうではありません。

赤ちゃんは経験することでその対処法を知ることになります。

なので、とても心配ではありますが、ママは焦らず対処してあげ赤ちゃんが慣れるのを

待ってあげましょう。

 

 

成長過程では起こりうること

生まれてすぐに喉を詰まらせてしまう赤ちゃんは結構いてるようです。

私の知ってる赤ちゃんはそれから半年たった今では喉を詰まらせることもなくなり

すくすく成長しています。

今ではしっかりとできることが増えています。

赤ちゃんも生まれてすぐはなにも上手にはできません。

ミルクを飲むのも上手にはできません。

自分の赤ちゃんが何かを上手にできなくてもそれは当たり前のこと。

何事も経験していく中でできるようになるのが人間のすごいところです。

赤ちゃんも何度も喉に詰まることを経験していくうちに「ごっくん。」が

できるようになるんです。

「ごっくん。」のこつがわかればもう詰まらせることもなくなることでしょう。

それまでどのくらいかかるかはその赤ちゃん次第ではありますが、

必ずできるようになります。

それまでママは出来ないことを受け入れてサポートしてあげるという感覚で

いてあげると少しは楽になるかと思います。

 

 

 

最後に

喉に詰まらせること以外にももちろん赤ちゃんが出来ないことは数多くあります。

それはすべての赤ちゃんがそうであるのと同時にすべてのママが経験し、悩み、子育てを

しています。

自分の何かが悪いとか、子育ての仕方が間違ってるなんてことはありません。

気になることがあれば、産婦人科や小児科、役所など頼れるところはたくさんあります。

自分だけが。。。なんてことはありませんから気になることがあればだれかに相談したり

調べたりしてもやもやは解消するのが一番です。

案外他のママも感じていたり、経験していることの場合が多くて安心できることも多いはず。

今回ご紹介した喉のつまりも怖いことに感じますが少しずつ赤ちゃんが慣れるまで

待ってあげれば大丈夫な症状です。

対処法をきちんと身につけて赤ちゃんと向き合っていきましょうね。

そうするだけで子育てはもっと楽しくなりますよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。