北海道で震度6の地震発生。断水地域も。

こんにちは。

気になるあれこれ調査隊のellyです。

 

今回は昨晩21時ごろ、北海道で発生した最大震度6を観測した地震についてです。

 

地震発生直後の状況は?

21日午後21時22分ごろ

北海道厚真町で震度6弱の地震が発生しました。

地震発生時には

家の中では棚のものが落ちてしまったり冷蔵庫の扉がひらいたり等の被害があったそうです。

 

陶芸をしているお宅では、陶芸品が落ちてしまう被害がでたとのことです。

 

震度6ともなると歩くことが困難なレベルといわれています。

スポンサーリンク

 

交通機関にも影響が

新千歳空港では電車が運転見合わせのために帰宅できず

空港で一夜を明かした方もいたそうです。

空港の前のバス停には長蛇の列ができていた模様です。

幸い、飛行機は22日は通常通りの運行をしているとのこと。

 

JRで北海道では特急電車が終日運行停止やお昼まで運行見合わせなどの影響が

出ており、朝のラッシュでも皆さん大変な思いをされたのではないかと思います。

 

 

断水も発生

今回の地震でも断水が確認されています。

 

震度6弱を確認した、厚真町では断水が続いています。

 

昨年の9月の地震でも断水となり、それは1ヵ月程続いたとのことです。

 

今回は早急な普及になることを願います。

 

断水になるととても困るのがお手洗いではないでしょうか?

 

地震大国の日本ではいつ自分の身に地震が起こるかはわかりません。

 

断水の場合には携帯トイレを常備しておくといざというときに便利かもしれませんね。

 

もしも常備がない場合には

普段のトイレにごみ袋の当ててためておいて捨てる方法や

排水ができる場合にはバケツ一杯の水で流すことができるみたいですね。

その時は紙は別に分けてくことを忘れないでください。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回も被害に会われた方々が少なからずいらっしゃいます。

皆さんの安全と早い復旧作業が行われることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。