無印良品の天然水・炭酸水に発がん性物質混入か?

こんにちは。

気になるあれこれ調査隊のellyです。

 

今回は無印良品が販売している

『天然』と『炭酸水』を自主回収した

話題をお届けいたします。

スポンサーリンク

 

人気の商品を自主回収

無印良品を展開している良品計画は

今月22日にペットボトル入りの

ミネラルウォーター『天然水』と『炭酸水』

の300~500ミリリットルを対象に

自主回収すると発表しました。

その数およそ59万本。


人気の大型雑貨店になにがあったのでしょうか?

 

基準値越える発がん性物質混入

無印良品では該当の商品を

店舗やネットの他に海外でも販売していますが、

今回、台湾への輸出の際の検査で

発がん性物質といわれる臭素酸が検出。

 

食品衛生法で定める2~4倍にあたる

1リットル当たり0.02~0.04ミリグラム

だったそうです。

 

まとめ

今回の発見に伴って、無印良品では

商品の自主回収を発表しました。

https://ryohin-keikaku.jp/news/2019_0222.html

 

購入した人は店舗へ持ち込むか

電話で問い合わせると代金を返金

してもらえるそうです。

 

今のところ人体に影響は出ていない

とのことですが、該当品をお持ちのかたは

早めに連絡したほうがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。