ワニワニパニックが消える!懐かしのゲームになにが?

こんにちは。

気になるあれこれ調査隊のellyです。

 

今回は私たち世代に懐かしいゲームに

起きた危機をご紹介します。

スポンサーリンク

 

ワニワニパニックとは?

皆さんは覚えてますか?

洞穴から次々に出てくるワニを

大きなハンマーでひたすら叩くゲーム

『ワニワニパニック』を。

 

ただ単純に制限時間ないにワニを

叩くだけの単純なものだけど、

叩くという行為がなによりも

ストレス発散になることもあって

大人気のゲームでした。

 

そんな『ワニワニパニック』が

ゲームセンターからなくなってしまう

というのです!

 

いったい何があったのでしょうか?

 

製造元が倒産!

『ワニワニパニック』を製造していた

アミューズメント機器製造会社KHPが

倒産してしまったことが

その要因であるらしいですね。

 

倒産の背景には

ゲームセンターの縮小や

全盛期からの料金の変動がなく採算が

取れなくなってきていることにあります。

 

修理にも部品がない

製造元が倒産してしまったことで

新品を新しく生産することは不可能に

なってしまったが修理は辛うじて

できるとのことですが、

それにも危険信号が!

 

古くからある部品は経費との採算が合わず

仕入れないそう。

 

また、ワニの頭やゲームの本体は

新しく生産できず、

そこが壊れるともう復活は

出来ないんだとか。

 

ワニの頭が壊れることは

ほとんどないらしいのですが、

それでも直接叩くのはワニの頭です。

 

いずれは壊れる日もやってきますよね。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

いつかはなくなってしまうとしても

それまでは私たちをこれからも

楽しませてくれるであろう『ワニワニパニック』の話題をお届けしました。

 

ゲームセンターでは優しく叩いてあげてと

張り紙があるお店もあるようです。

大事に扱ってストレス発散していきましょ★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。