くら寿司にハンバーガーが登場。開発の理由は?

こんにちは。

気になるあれこれ調査隊のellyです。

 

今回は人気回転寿司のくら寿司の話題です☆

スポンサーリンク

 

回転寿司にハンバーガーが登場!

今回、くら寿司が発表したのは新商品ハンバーガー

その名も『くらバーガー』です!

 

これまでくら寿司ではすしやのシャリカレーやスパらっティーなど

個性的なメニューをどんどん出してきましたが

 

今回はハンバーガーでした!

 

くら寿司がハンバーガーを作ったわけは大きく2つあるようです。

 

『くらバーガー』ができた理由

1つにはくら寿司が以前から手掛けている「天然魚プロジェクト」

 

魚を一船丸ごと買い付けて産地直送の国産天然魚を店舗で提供するもの。

 

しかし、小さくて使えない魚が6割ほどあるという。

 

そうした使えない魚を全て使おうということで試行錯誤してできたのが

 

『くらバーガー』なのだそうです

 

魚を余すことなく使うことに情熱を注いだ傑作というわけですね☆

 

 

2つめは他社との競合。

 

業界首位のスシローに客数で圧倒的な差ができているそうです。

 

この差を埋めてくれるのがサイドメニューの存在。

 

サイドメニューの充実が客数をあげてお店を盛り上げてくれる

 

役割を果たすのだそう

『くらバーガー』ってどんな商品?

ではお待ちかね。

『くらバーガー』とはいったいどんなものなのでしょうか?

 

今回発売されるのは2種類です。

 

「フィッシュ」と「ミート」。

 

お値段はどちらも250円(税別)で他のハンバーガーショップと比べても

お安めですね☆

 

『くらバーガー フィッシュ』

国産天然魚100%使用

 

香ばしくジューシーな食感のパテと

魚のおいしさを活かすスパイスやソースの味付けが特徴。

 

 

『くらバーガー ミート』

これそ王道のハンバーガー

 

ふんわり食感の合いびき肉のパテとケチャップベースのソースで

肉のうまみを際立たせたスタンダードな味わい。

 

バンズやトッピングにもこだわりが!

お寿司屋さんならではのこだわりもたっぷりです。

 

まずはバンズ。

 

米粉と黒酢を使用した「シャリバンズ」を使っていて

ほんのり甘味のあるふわふわバンズだそう☆

 

そしてトッピングにはフライドオニオンならぬ「玉ねぎの天ぷら」

を使っていてくら寿司ならではのこだわりが伺えます!

 

くら寿司の天ぷらっておいしいんですよね!

 

私はエビの天ぷら軍艦が一番好きなんです!

ぷりぷりのエビとさくさくの衣が最高です☆

 

なので、この「玉ねぎの天ぷら」にも期待ができますね☆

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

くら寿司の新しい試み『くらバーガー』

 

他の回転寿司にはない強みになってくれること

間違いないのではないでしょうか?

 

今後の展開にも注目したいと思います☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。