3年A組最終回!菅田将暉の言葉に込められる思いとは?

こんにちは。

気になるあれこれ調査隊のellyです。

 

とうとう最終回をむかえましたね。

3年A組ー今から皆さんは人質ですー」

 

私は真相を話す柊先生の言葉の重さに涙がとまりませんでした。

スポンサーリンク

最終回が語るネット社会への祈りとは

毎回、ストーリーの流れとともに現代のネット社会へ

その危険さを知らせる言葉があふれるこのドラマ。

 

この最終回ではその集大成の言葉が伝えられましたね。

 

誰もが自由に気持ちを表現できるチャット社会。

それは一見したら新しいコミュニケーションの時代の幕開けで

仲間が増える時代かもしれません。

 

でも、その裏では顔の見えない・だれだかよく知りもしない人にむかって

ひどい言葉を浴びせているのかもしれない。

 

言葉はときに刃物よりもするどく人を傷つける

 

それは何度も何度も同じ傷を繰り返しつけられてしまうこともありますよね。

 

柊先生の伝えたいことはその言葉の暴力にはだれかをこの世から消してしまえる力を

もっているということ

 

「自分のストレスの発散で他人の心をえぐるなよ」

 

すごく心に刺さる言葉ばかりでした。

 

 

自分を磨き、幸せを作るほうが楽しいはず

言葉で他人を傷つけることよりも

自分を磨いて、高めていくほうがもっともっと楽しいはず。

 

人にやさしくなれるためには、まず自分を幸せにしてあげること。

 

まとめ

いかがでしたか?

このドラマは自分の子供がネット社会とつながるようになる前に

見せたいと感じたドラマでした。

 

教育の現場にも取り入れてもらいたいとも感じています。

 

誰かから言葉の暴力を受けたことは

その大きさにかかわらず全ての人が経験あると思います。

 

その経験を忘れないでネット社会と向き合えば

少しは柊先生が伝えたい思いは広がっていくのではないかとおもいます。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。