離婚を決めたら決めること「婚姻費用」とは?

こんにちは。

気になるあれこれ調査隊のellyです。

 

今回は離婚を決めたら決めること「婚姻費用」編です。

スポンサーリンク

 

婚姻費用とはなに?

「婚姻費用」ってなんでしょう?

 

これは

離婚を調停で決める「調停離婚」を家庭裁判所へ申し出た場合

聞く言葉だとおもいます。

 

なんだか、結婚式の時のお金のこと?だとか

結婚生活の中で得たお金のこと?だとか思いませんか?

 

私はそんな感じで思っていましたが、

 

全然ちがうんです!

 

「婚姻費用」というもの、それは

調停で離婚を認めてもらうまでのあいだはまだ婚姻関係は

実質は続いているものと判断されます。

 

その間は一緒に住んでいなくても相手に養ってもらう権利があります。

 

収入の多い者から少ない者への請求権利ですね。

 

たいていは女性のほうが稼ぎが少ないことが多いので

女性が男性に対して請求することが多いです。

 

要するに、離婚が成立するまでの間の生活費

 

それが「婚姻費用」です。

 

 

どのくらいの期間の請求ができるの?

この「婚姻費用」は裁判所へ離婚の申し出とは別に

本来は申し出る必要があるみたいですが、

たいていは離婚の調停の中で話し合われることが多く

もしも別途で申し出していなくても請求することができます。

 

期間については、離婚の調停願いを申し出しした月から

離婚が成立した月までになります。

 

 

ちなみに

お子さんがいて、養育費を請求していて、それがもらえるようになったら

「婚姻費用」はもらうことができなくなります。

 

スポンサーリンク

 

いつからもらえるの?

こういった金額の決定が必要な案件については

基本的に調停がすべて終了してからもらうことが

できるようになります。

 

ですから、申し出してすぐにもらえるものと考えることは

しないほうがいいと思います。

 

しかし、いろんな理由からすぐに働くことができないなどの

理由もあるはずです。

 

ですから、「婚姻費用」の決定は最優先で決めてもらえることが多いです。

 

金額がきまれば、養う側は必ず支払わなければいけないものです。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は「婚姻費用」について簡単にご説明しました。

 

これは請求しないと損なものです。

 

私の場合は調停の調停員の方から言ってもらえたので

申し出していなくても請求ができました。

 

が、場所によって人によっては

スルーされてしまうこともあるかもしれません。

 

しっかりとこの「婚姻費用」について知っていて

自ら申し出をしておくとことをお勧め致します。

 

自分の身は自分で守る。

 

それが離婚に立ち向かう女性のスタイルになってきます。

 

スポンサーリンク
こちらもご一緒にご覧くださいね☆

↓  ↓

調停離婚の進め方ー離婚を決めたら決めることー

離婚を決めたら決めることPart1
 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。