赤ちゃんの歯磨きはどうしてる?

今回は赤ちゃん歯磨きをどうしているかご紹介したいと思います。

 

早いあかちゃんで5か月くらいになると歯が生えてきます。

初めて生えてきたわが子のかわいい歯。

清潔にきれいに生えるようにケアしていってあげたいですよね。

乳歯は小学生くらいになったら生え変わりの時期がやってくるのはきますが

それまでの歯だってきれいに健康に保っていくことのほうがいいにきまってますよね。

初めのうちはまだまだ母乳だけなので特に歯磨きの必要はないとのことですが、

すぐに離乳食が始まります。

そうするとなんだかなにもしないのは心配になってきますよね。

離乳食になると食べ物が歯に触れるわけなので食べかすが残ってしまうかもしれないし

気になってしまいますよね。

そんな時、どうしているかのご紹介です。

何を使っていたり、どうやってしているのかのご参考になればと思います。

 

歯が生える前の磨き方

ちなみに歯が生える前の口のケア方法はお風呂の時にガーゼで舌をふいてあげるのが

いいそうです。

舌にミルクのかすが残って白くなっている場合があるのでそれをキレイにしてあげる

ことです。

母乳でそだっている赤ちゃんはこの下の白いのが結構たまってしまっている赤ちゃんも

多いようです。

お口を開けるたびに白い部分が見えていて気になるってママさんはこのガーゼケアを

実践してあげてくださいね。

しかし、これはしなくても大丈夫だそう。

気になるママはケアしてあげてもいいよ程度のものですね。

 

 

歯磨き方法

歯が生えてくるといっても、初めは1本程度。

歯ブラシを使ってもいいものか?と考えてしまいますよね。

私もそうでした。

赤ちゃん専門店で探してみると、歯ブラシではなく歯磨きシートというものが

売られているのを知りました。

これはママが指にシートを巻き付けて赤ちゃんのお口の中をふき取ってあげるもの。

これならまだ歯もあまり生えていない歯茎を歯ブラシで傷つけることもないので

安心です。

息子はこれがお気に入りで自分で吸っていたりします。

歯磨きシートには味がついているものも販売されています。

ミントっぽい味がダメな赤ちゃんもいるかと思います。そんな時はいちご味があります☆

息子もこれがお気に入りで、袋を見せるだけで遠くで遊んでいても喜んで寄ってきます。

1歳くらいまではこれで十分かと思います。

1歳を過ぎたあたりから歯ブラシと歯磨きシートを併用して使っています。

歯ブラシは水で湿らしてお口にいれているだけですが、今後自分で歯磨きをするときの

ための練習になると思ってやらせています。

なので、きれいにする効果はまだまだ歯磨きシートに頼っています。

 

 

シートを使う注意点

これはママサイドの危険です。

口に指をいれると必ずといっていいほど赤ちゃんは噛みます。

1本程度の時はいいですが、上下で4本くらい生えてくると噛まれるとめちゃくちゃ

痛いです。

冗談抜きで死ぬほど痛いんです。血も出ます。

だから噛まれる前に指を抜く心構えをもって臨んでくださいね!

いったん噛まれるとすっぽんのように離してくれない時もありました。

なんとも恐怖体験笑

私も何度が噛まれてしまい一瞬指が動かないことがありました。

舌を拭くときは横から指をいれるとまだ歯が生えていないゾーンなので安心です。

ぜひご注意を!

 

 

1歳を過ぎたら歯ブラシを

1歳を過ぎると歯も8本程になり、離乳食もしっかりと食べるようになりますので

歯ブラシを使用してあげるといいかと思います。

お店に1歳児用の歯ブラシが売ってるのでそこから選んであげてください。

まだまだ、自分ではできないですからママが磨いてあげてくださいね。

強くこする必要はありませんので、やさしく簡単に動かして磨いてあげてください。

私の場合は歯磨き粉は使わず、以前から使っている歯磨きシートで仕上げを

しています。

お口をぐちゅぐちゅできないのでシートで取りきってあげる感じです。

 

 

最後に

歯磨きは赤ちゃんの歯を清潔に保つためにとても大切です。

しっかりやりすぎる程にしなくてもいいかとは思いますが、シートを使って早めから

ケアしてあげるのは大切かと思います。

乳歯は生え変わりますが、おくちの中を清潔に保つことはやって損はないことですよね。

息子の場合、歯ブラシも好きでお口にすぐに入れてくれましたが、

嫌がるお子さんもいると思います。

そんなときには無理強いはしないで簡単に触るだけを繰り返し慣れさせてあげてください。

だんだんと慣れてお口に入れてくれるようになります。

嫌がることを無理にするのは逆効果。

何事も楽しんでできるのが初めのうちはいいのでね。

嫌がることがあるのを前提に早めにお口ケアを始めるもいいかもしれませんね。

子供が小さい時のまだなにかよくわかっていないときになんでも初めてあげると

いざやらないといけないときにすんなりとできることが多いので早めにスタートすることで

子供のストレスも減らせるし、嫌がる子を無理やりにやらないといけないという

ママのストレスも減らすことができますよ☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。